男の人

離婚相談のことならプロにお任せあれ!的確に解決してくれます

遺言に関することなど

スーツの男性

自分の死を予感して遺言を残したいと考える人は、失敗しないためにも司法書士事務所などに一度相談してみませんか。遺言というのはただの手紙ではなくて、場合によっては遺産分配などに影響を与える可能性のあるものです。遺言に書かれている文章が理由で、誰に遺産がどれくらい分けられるか変わってくることが予想されます。その為、遺言作成を考えているのであれば、遺産分配に関するノウハウがしっかりしている司法書士事務所を頼るのが賢い選択なのです。

遺言作成をスムーズに行いたいのであれば、幾つかある遺言の種類について把握しておくと良いかもしれません。遺言の種類は大きく分けて3種存在します。自筆証書、公正証書、そして秘密証書です。自筆証書タイプの特徴は、ほかと比べて作成に手間がかからないという点です。そして作成に必要な料金が少ないので、コストが気になるという方でも安心して利用できるでしょう。次に公正証書タイプですが、こちらは役場に届け出を行うので記録として残るので、証拠の確実性に優れた遺言作成方法です。しかしある程度の料金が発生しますので利用する際には注意しておきましょう。公正証書タイプと似たもので秘密証書遺言というタイプがありますが、これは専門家監修の元、行う遺言作成だという点がポイントです。遺言の種類に応じて効果が違ってきますので、作成を検討している方は把握しておきましょう。何か分からない点があるのであれば、一度事務所に相談してみるのも良い選択ですよ。